令和4年度草の根・人間の安全保障無償資金協力の引き渡し式の実施について

令和5年6月15日
Photo
Photo
  6月13日、令和4年度草の根・人間の安全保障無償資金協力「ペナン州における人命救助機器整備計画」の引き渡し式がスンガイ・アラ地域救急車協会(SACA)にて行われました。日本政府はこの協力を通じて同協会に対して42,026米ドル(180,878リンギット相当)を供与しました。
 
 今回の引き渡し式には、スンガイ・アラ地域救急車協会のリウ・チュック・サン会長、バヤン・レパス地区選出のアズルール・マハティール州議会議員、マルキット・シンSACA法務顧問、スンガイ・アラ地域社会管理評議会(MPKK)のヨン・ジュン・シアン会長が出席しました。
 
 リウSACA会長は、日本政府及び国民からの救命機器の供与に対して深い感謝の意を表するとともに、これらの機器は同協会の地域での活動強化に貢献するものである旨述べました。
 
 川口総領事は、SACAによる本事業の成功を祝するとともに、友好関係の象徴である今回の協力を通じて、日本とマレーシア・ペナンの人々との間の関係が一層強化されることを期待している旨述べました。
Photo
Photo