マレーシア出入国管理局駐在員サービス部門(ESD)及びMM2Hセンターのマレーシア入国手続きに関するガイドラインの改定について

2020/7/29
マレーシア出入国管理局駐在員サービス部門(ESD:Expatriate Services Division)及びMM2Hセンターはともにマレーシアへの入国手続きに係るガイドラインを改定しており、いずれもこれまでマレーシア出発の3日前までに受けることが求められていたPCR検査の要否等についても言及致しております。
現下におけるマレーシア政府の手続き及び規則に関しましては、事前の通告なくして変更されることがありますので、本件詳細等につきましては、マレーシア出入国管理局及びMM2Hセンターをはじめとする関係機関にご確認頂くとともに引き続き同関係機関並びに報道等から最新の情報収集に努めてください。
 
〇マレーシアでは,7月28日に新たに39人の感染者が確認され,累積感染者数が8,943人となっており(そのうち,8,607人が回復し,124人が亡くなられております),かつ日本政府もマレーシアに対して別途「感染症危険情報」を発出しておりますところ,同危険情報を参考にマレーシアへの渡航及び滞在につき適切に判断して頂きますようお願いします。