コムタ・タワーライトアップ点灯式への出席

2020/6/16
img1
img2

大阪モデルに倣ったコムタ・タワーのライトアップ
 
今般,ライトアップを通じて新型コロナウィルスの感染状況を知らせる大阪府の取り組みがペナン州でも導入されることになり,6月12日(金),鹿屋総領事は,Chow Kon Yeow首席大臣,Yeoh Soon Hin観光担当大臣,Yew Tung Seangペナン島市長ともにコムタ・タワーのライトアップ点灯式に出席しました。チョウ・コン・ヨウ首席大臣は「大阪の通天閣や太陽の塔のライトアップに倣い,ペナンでもコムタ・タワーのライトアップを通じて,RMCOに移行した今こそ州民の意識を高めていきたい。この事業を通じて大阪府,大阪の人々と連帯の意を示したい」と述べ,鹿屋総領事は更なる感染拡大を防ぐため一致団結して取り組むことが重要との認識を示し,今回の取り組みを歓迎しました。
 
コムタ・タワーの点灯基準は以下の通りです。
緑色:新規感染者数が2週間にわたり「0」
黄色:新規感染者数が1~40人
赤色:新規感染者数が41人以上
 
ペナン州では5月8日から新規感染者数ゼロが続いています。
皆様も引き続きお気をつけください。