マレーシア政府による回復のための活動制限令の実施について

2020/6/9
 令和2年6月9日掲載
 
〇6月7日,マレーシア政府は,現在実施している条件付き活動制限令(Conditional Movement Control Order:CMCO)に代わり,新たに,6月10日から8月31日までの間,回復のための活動制限令(Recovery Movement Control Order:RMCO)を実施することを決定した旨発表しました(同声明において,ムヒディン首相は,強化された活動制限令が宣言された地域を除く,州を越える移動の緩和並びに散髪や美容院,オープンマーケットや朝・夜市及びフードコートなどの再開について言及する一方で,現状としては,多数のサポーターや観客が集まるスポーツ・競技大会や水泳そして接触プレーの多いラグビー,サッカー,バスケットボールなどのスポーツ,国外旅行並びにパブやナイトクラブなどでの活動については,引き続き認められていない旨発言しております)。

〇マレーシアでは,6月8日に新たに7人の感染者が確認され,累積感染者数が8,329人となっており(そのうち,6,694人が回復し,117人が亡くなられております),可能な限り不要不急の外出を控え,マスクの着用,うがい,石けんやアルコール消毒液による手洗いの励行,さらには混雑した場所を避けた上で,他の方とのソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つなどの感染予防を徹底するとともにマレーシア首相官邸及び保健省をはじめとする関係機関並びに報道等により最新の情報収集に努めてください。
 
〇新型コロナウイルスの感染・疑いがある旨診断された場合は,当館まで御一報願います。