マレーシア政府による活動制限令期間の5月12日までの延長について

2020/4/24
令和2年4月24日掲載
 
○4月23日,マレーシア政府は,現在実施している活動制限令を5月12日まで延長することを決定した旨発表しました(同声明において,ムヒディン首相は今後も更に活動制限令が継続した場合における,従業員や職員の安全,ソーシャルディスタンス(社会的距離),衛生管理の確保といった要件を遵守することを条件に特定の分野の会社・事業活動に対する認可の可能性についても言及しております)。
 
〇マレーシアでは,4月23日に新たに71人の感染者が確認され,累積感染者数が5,603人となっており(そのうち,3,542人が回復し,95人が亡くなられております),不要不急の外出を控え,マスクの着用,うがい,石けんやアルコール消毒液による手洗いの励行,さらには他の方とのソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つなどの感染予防を徹底するとともにマレーシア首相官邸及び保健省をはじめとする関係機関並びに報道等により最新の情報収集に努めてください。
 
○新型コロナウイルスの感染・疑いがある旨診断された場合は,当館まで御一報願います。