新型コロナウイルスの発生に関する注意喚起(日本の北海道からの入国禁止措置について)

2020/3/6
〇3月5日に新たに5人の感染者が確認され,マレーシアにおける累積感染者数が55人となるなど,新型コロナウイルスの感染が拡大する中,マレーシア政府は,マレーシアに到着する14日前までの間に日本の北海道に滞在もしくは渡航したことのある外国人(マレーシア国民及び永住者などを除く)の入国を一時的に禁止する旨発表しました。
 
〇上記入国禁止措置の対象としては,日本の北海道以外にも,イタリアのロンバルディア,ヴェネト,エミリア=ロマーニャ及びイランのテヘラン,ゴム,ギーラーンが含まれております。
 
○マレーシア政府は,上記地域へのマレーシア国民の渡航についても,一時的に延期するよう忠告しており,また,現在,同地域に滞在しているマレーシア国民には十分なる感染予防対策をした上で,自身の健康管理に留意し,滞在している現地当局からの指示及び勧告に従うよう要請しています。
 
 
○マスクの着用,うがい,石けんやアルコール消毒液による手洗いの励行などの感染予防を徹底するとともにマレーシア保健省をはじめとする関係機関並びに報道等により最新の情報収集に努めてください。